トップページ > 電気電子・情報工学科 > 応用物理コース > 小野 頌太(オノ ショウタ)

小野 頌太(オノ ショウタ)

小野 頌太(オノ ショウタ)
ONO Shota
職名 助教
学科 電気電子・情報工学科
コース 応用物理コース

研究概要

凝縮系(固体、界面、分子系など)が示す現象を物理法則(量子力学、電磁気学、統計力学)に基づいて理解することを目指した物性理論を 研究している。 研究方針は、(1)新しい物理概念を提案し未解明現象を解決すること、(2)興味深い現象を示す物質を理論設計すること、である。 研究対象は界面やナノカーボンなどである。 具体的には、それらが示す超高速現象の解明や、ナノ構造(原子配置)と物性との相関解明と新機能創成に力を入れている。 これまでの研究例を挙げると、時間分解分光実験で報告されていたフラーレン重合体の光励起キャリア緩和異常をフォノンボトルネック効果の 理論の適用によって解明し、またナノチューブ終端の5員環配置と電子状態との相関を解明することで高いエネルギー変換効率を持つ新型太陽電池を 提案している。

研究したいことやもっと深く知りたいことに応じて、適切な理論手法を用いる。 ただし、既存の理論手法に物足りなさを感じる場合(または煩雑すぎてよく分からない場合)、新しい手法を独自に考案する。 また地に足のついた研究をしているか(計算結果が実験で検証可能か)ということを常に意識し研究を進めている。

 

 

研究キーワード

ナノ構造物理  超高速現象  計算物理ナノ  光物性

詳細ページ