トップページ > 電気電子・情報工学科 > 応用物理コース > 新村 昌治(シンムラ ショウジ)

新村 昌治(シンムラ ショウジ)

新村 昌治(シンムラ ショウジ)
SHINMURA Shoji
職名 教授         
学科 電気電子・情報工学科  
コース 応用物理コース

研究概要

ハイパー原子核(ハイペロンを含む原子核)の構造をバリオン間相互作用にもとづいて明らかにする研究を行っています。 とくに、少数体ハイパー核のチャンネル結合計算を行い、ラムダ・ハイパー核におけるシグマ・ハイペロンの混合、 ダブル・ハイパー核におけるグザイ・ハイペロンの役割などに注目しながら、その構造を現実的な相互作用にもとづいて 研究しています。   また、バリオン間、メソン-バリオン間、メソン間の相互作用を統一的に記述するハドロン間相互作用の理論モデルを構築し、 少数ハドロン系、ハドロン多体系、中性子星の構造の研究に適用し、そのモデルの有効性を検証しています。 中性子星の内部構造を相対論的な方程式(TOV方程式)と2体相互作用に基づく状態方程式を用いて明らかにし、現在 観測されつつある中性子星の半径と質量の関係を再現する状態方程式モデルを研究しています。

研究キーワード

ハイパー核   ハドロン間相互作用   ストレンジネス核物理学

詳細ページ