トップページ > 社会基盤工学科 > お知らせ > 髙木朗義シニア教授と東善朗研究員が国土技術開発賞「創意開発技術賞(国土交 通大臣表彰)」を受賞

髙木朗義シニア教授と東善朗研究員が国土技術開発賞「創意開発技術賞(国土交 通大臣表彰)」を受賞

  2017年7月27日,社会基盤工学科の髙木朗義シニア教授と一般社団法人Do It Yourselfの東善朗代表理事(岐阜大学研究員)が「第19回国土技術開発賞(一般財団法人国土技術研究センター)」において「創意開発技術賞(国土交通大臣表彰)」を受賞しました。 

国土技術開発賞は,技術開発者に対する研究開発意欲の高揚並びに建設技術水準の向上を図ることを目的としており,建設産業に係わる優れた新技術を表彰するものです。また,中小建設業者、専門工事業者等の創意工夫やアイデアにあふれた技術を,特別賞「創意開発技術賞(国土交通大臣表彰)」として表彰するものです。 受賞した技術は,髙木教授と東善朗氏が共同開発した「アプリ減災教室」です。このアプリは,これまで講座や訓練の機会のみにとどまっていた防災活動をより身近にし,多くの人に防災・減災に関心を持ってもらうことができます。詳細は以下をご参照ください。


受賞の概要(一般財団法人国土技術研究センター)
http://www.jice.or.jp/review/awards/19th
『アプリ「減災教室」』の概要(一般財団法人国土技術研究センター)
http://www.jice.or.jp/award/detail/218
学長への報告(岐阜大学)
https://www.gifu-u.ac.jp/news/news/2017/08/entry08-5250.html

国土技術開発賞3_20170823.jpg国土技術開発賞受賞パネル_20170823.jpg