トップページ > 工学部のご案内 > 大学院教育目的・教育課程

大学院教育目的・教育課程

 


工学研究科 教育目的

博士前期課程

 各専攻では,先端技術分野の教育などを中心として,高度な技術者・研究者を育てます。また,変化の激しい社会の要請に柔軟に対応できるように,専攻間横断型の共通科目や学際科目などを用意し,幅広い学際的知識と境界領域を含めた高度な専門的学力の習得ができるよう,教育環境を提供します。

博士後期課程

 幅広い応用力や開発能力を身につけた独創性のある技術者・研究者を育て,かつ深化した専門教育をします。また,実社会経験者の企業等に在職したまま在籍することを認め,研究テーマによっては企業等での研究成果を生かして,実際に大学で行う研究時間を少なくしても研究成果を評価し得るシステムも取り入れています。さらに,国際化に資するため外国人留学生の受け入れも積極的に行っています。

 


 工学研究科(博士前期課程)ディプロマポリシー・専門的能力

 岐阜大学大学院工学研究科は,博士前期課程において,岐阜大学工学部のディプロマポリシーに掲げた能力に加え,更に以下のような能力を備えた修了生を輩出する。

  1. 専門分野及びその周辺領域の知識体系を身につけ、それを応用する能力。

  2. 研究成果を日本語あるいは英語で発表し,論文としてまとめる能力。

  3. 専門分野における問題を発見し,それを解決するための方法を主体的に探索する能力。

  4. チームの一員として積極的に研究開発に参画し,研究を活性化する能力。 

本大学院は,博士前期課程修了者の上記能力の修得度・達成度を保証するために厳格な学位認定を行う。 

 

内容、個別能力  水 準
専門知識を応用する能力
  • 研究開発に必要な知識を見い出し,身につけていくことができる。

  • 得た専門知識を活かして,先端分野や未知の分野に挑戦することができる。

発表・論文作成能力
  • 研究成果を学会等で発表することができる。

  • 得られた成果を論文としてまとめることができる。

問題発見・解決能力
  • 問題点を分析し,解決すべき課題を定義することができる。

  • 発見した問題点を解決するための手順を計画することができる。

研究参画能力
  •  積極的に議論に参加することでチームリーダーをサポートし,研究を活性化することができる。

 このページの先頭へ戻る

  

工学研究科(博士後期課程)ディプロマポリシー・専門的能力

 岐阜大学大学院工学研究科は,博士後期課程において,岐阜大学工学部及び工学研究科博士前期課程のディプロマポリシーに掲げた能力に加え,更に以下のような能力を備えた修了生を輩出する。

  1. 専門分野及びその周辺領域の知識・学問体系を深く理解し,それを学生に教授する能力。

  2. 研究成果を国際会議等で発表し,他者と議論し,学術論文としてまとめる能力。

  3. 専門分野における問題を発見し,それを解決し,新技術開発に発展させる能力。

  4. チームをまとめ,共同して研究開発を行うためのリーダーシップ能力。 

本大学院は、博士後期課程修了者の上記能力の修得度・達成度を保証するために厳格な学位認定を行う。 

 

内容、個別能力  水 準
専門分野の理解と教える能力
  • 研究開発に必要な専門知識とその周辺の知識や学問体系を理解し,それらを学生に教えることができる。

発表・議論・まとめる能力
  • 研究成果を国際会議等で発表・議論し,その結果を論文にまとめることができる。

問題発見・解決・発展能力
  • 問題点を発見,分析して解決すべき課題を定義し,それらを解決するための手順を計画して解決に導き,新技術の開発に繋げることができる。

リーダーシップ
  •  解決するべき課題をチームメンバーに適切に割り振り,それらの成果を統合して研究開発を行うリーダーシップを発揮することができる。

 このページの先頭へ戻る

専攻の教育目的

博士前期課程

社会基盤工学専攻

 構造・材料力学の体系的活用を基に、社会基盤施設構造物の設計、建設材料の開発を扱う「構造設計学」、施設を支える地盤機能の開発・保全を扱う「地圏マネジメント工学」、地球規模の環境問題を視野に入れて、構造物・水環境の創造と保全を扱う「環境保全学」及び公共社会基盤施設の環境も視野に入れた、効率的・機能的体系を計量的に評価する「都市デザイン」の教育と研究を行い、地域の社会基盤の基幹となる交通システム、ライフラインの整備と公共施設の防災・減災システムの確立のため、文明工学とも呼称される社会基盤工学の技術力や各種システムを最適に構成・運用できる広い視野と高度の専門的能力を持つ人材を養成します。
機械システム
工学専攻

 各種材料の機械的特性と強度、塑性成形と各種加工、機械の性能に関与する熱・流体の挙動、工業製品を高能率・高精度で生産するための制御などに関する工学について、応用と開発が可能な技術的基礎を重視した教育と研究を行い、エネルギー変換装置、輸送機、電子機械、産業用ロボット、生産設備等ハイテクノロジー時代の根幹を支える各種機械の開発と生産、機械構成素材の信頼性と適用の研究開発、機械要素・システムの生産技術の研究開発などに寄与し得る高度で創造力のある研究者と技術者の育成を目指しています。

応用化学専攻

 将来の技術革新に対処できるように、分子設計工学、物質変換工学、物質機能工学の講座を配置し、広く学際領域の教育と研究を行い、自然界に存在する物質の化学的及び物理的性質を広く明らかにし、理論及びコンピュータ計算を活用した分子設計、液晶などを用いる電子材料及び新機能性材料、有機金属化合物及びその他の有機化合物を用いる有機機能材料、高機能高分子材料等の開発、生物的な生産技術と環境改善技術の開発、さらにこれら新素材の合成に関する基礎研究と工業化に対して優れた創造力を持つ研究者と高度の技術者の育成を目指しています。

電気電子工学専攻

 高度なエレクトロニクス及び情報科学の急速な発展に対応し、さらにこの分野の将来を展望して、電子物性としての半導体、誘導体等の諸物質の基礎物性と新しい現象の追求、それらの応用としてのエレクトロニクス関連の新素材の開発とそのデバイスヘの応用、そしてこれらの材料開発を基礎として効率よい電気エネルギーの発生、輸送及びエネルギー変換のより高度な技術の開発、情報関係としての情報の性質と表現などの基礎解析、情報の処理及び伝送技術と電子計算機のハードウェアとソフトウェア技術の基礎的理論に基づく制御システムの開発などができる人材の育成を目指しています。

生命工学専攻

 生命現象を分子レベルで理解しようとする「バイオサイエンス」から、高度に洗練された生体機能を工学的に応用しようとする「バイオテクノロジー」までの幅広い学際領域をカバーする教育・研究を行い、新学問分野の開拓を目指すとともに産業界の要請に応えるべく探究心や創造性に富む高度専門技術者及び研究者を育成します。

応用情報学専攻

 情報の表現・加工などに関する基礎解析、人間の思考過程と関連する知能的情報処理技術、ネットワーク及び画像に関する高度次世代型情報処理技術の開発、ハードウェアとソフトウェアを統合する計算機技術の開発、人を支援する高度なヒューマンインターフェース(VR)・自律機械の実現、情報技術の医療への応用など、広く学際的な教育と研究を行い、数理・論理の面からの情報処理手法の高度化を核として、新しい情報空間の出現による社会変化、人と情報処理システムとの融合した21世紀の情報革命を牽引する能力を持った情報科学研究者・技術者の育成を目指します。

機能材料工学専攻近年の産業構造や社会環境の著しい変化に伴って、限りある資源を有効に利用し、地球環境に配慮しながら、新しい機能材料を作り出し、利用する技術を磨くために、機能材料の創成、物性評価、加工に関する深い専門知識及び学際的知識を修得し、その専門知識を幅広く発展、展開できる研究開発能力を備え、研究者、高度専門技術者として国内外で中心的な役割を果たせる人材の育成をします。
人間情報システム
工学専攻
 人間との共生を目指したロボティクス、人間工学を基礎とした人間-機械インタフェース、コンピュータ援用知能生産システム、信号処理技術、情報ネットワーク、医療・福祉に貢献する知能メカトロニクス、環境にやさしい省エネルギーシステム等の人間と機械の協調と共生に関する基礎と応用の教育研究を通して、創造性豊かな技術者及び研究者を育成します。
数理デザイン
工学専攻
 基盤となる数学、物理学、応用力学、計算科学に関する深い素養と、モデリングおよび実用解析・設計技術などの先進的な専門知識を身につけ、幅広く多様な応用分野において産業および学術に貢献できる活力ある数理技術者の育成を目指します。このため、計算数理、マテリアルデザイン、システムデザインの各講座では、量子・ナノ材料、トライボロジー、カオス・フラクタル、非線形CAE、信頼性分析、環境予測、海洋波動、天体計測など原子から宇宙空間までの広範なスケールにわたる問題について、数学、物理学、基礎工学の視点から教育研究を行います。
環境エネルギー
システム専攻
 21世紀における人類最大の課題である環境・エネルギー問題、特に地球環境保全とそれに関わるエネルギーシステムについて、これまでの学問領域を超えた次元での教育・研究を行い、再生可能な新エネルギーの開発と従来型エネルギーの新利用による自立(地域)分散型エネルギーシステムの構築に関する学際的な知識を持つ高度専門職業人の養成及び社会人の再教育を行います。

このページの先頭へ戻る

 博士後期課程

生産開発システム
工学専攻

 博士前期課程の専攻をさらに探究することも、学際的に専攻することも可能とし、柔軟かつ有機的にプロジェクト体制の教授陣を編成して教育を行い、人類社会とそれを支える産業構造の改革に寄与し、豊かで快適な社会環境を実現するための国土の高度開発・利用と工業生産技術の絶え間ない向上に関する能力を備えた研究者や高度専門技術者を育成することを目指します。
物質工学専攻 これまでの化学の専門分野にとどまらず、広く物質科学全般の知識と研究方法を駆使して、物質の静的並びに動的性質を解明し、そこから人類・社会のニーズに沿って豊かな創造物を生み出すことを目標として研究を進め、広い視野、深い専門知識、幅広い研究方法と応用展開能力を身に付け、研究や開発を指導的に推進する能力を備えた研究者と高度技術者を育成します。
電子情報システム
工学専攻
 より高度なシステムの将来を展望して、それを基礎で支える新しい材料とデバイス開発のための電子物性工学、またシステム化のための基礎情報科学の二つを十分に学習しながら、応用的分野で新しい領域の課題を研究・開発していくことによる有能なシステム型技術者・研究者の育成を目指します。
環境エネルギー
システム専攻

 クリーンで再生可能なエネルギー、リサイクル可能なエネルギー、従来型エネルギーの新利用形態、未利用エネルギーの開発と自立分散型新エネルギーシステムの基盤を実現できる高い専門性を持ち、技術と社会及び生態系との融合を目指した「環境産業革命」の担い手となりうる独創性のある研究者や技術者の育成及び社会人の再教育をします。

 このページの先頭へ戻る


工学研究科カリキュラムポリシー(教育課程編成方針)

1)自分自身の専門分野、および非専門分野についての幅広い知識を身につけ、自身の研究を高い視点から広範な学問体系の中で客観的に位置づけし、理解できるようにする。

2)英文文献を不自由なく読むことができ、研究成果を日本語あるいは英語で発表し、論文にまとめることができるようにする。

3)研究開発において所望の成果を得るために越えなければならない問題点を自ら見出し、解決のための方策を探索できるようにする。

4)指導教員等との討論を通じて、研究開発のための総合的なコミュニケーション能力、協調性、論理的な説明・記述力を身につけ、研究を活性化できるようにする。

 

教育項目

(A)専門分野に関する学力

(B)非専門分野に関する学力

(C)自分自身の研究を深く掘り下げて考える能力

(D)学問体系の中で自身の研究を客観的に位置づける能力

(E)国際語としての英語のreading, writing, listening, speaking能力

(F)実験結果を科学的に分析し、自ら課題・問題を発見する能力

(G)問題を解決するための方策を探索して研究計画を立て、遂行する能力

(H)総合的なコミュニケーション能力と協調性

(I)論理的な記述力、説明力、情報発信能力

 このページの先頭へ戻る


大学院(博士前期課程)教育課程

講義科目 特別講義 演習 特別研究  選択科目 
基礎科目
コア科目
専門科目
学際科目

講義科目・選択科目の例

基礎科目の例  学際科目  選択科目 
システム基礎数理 防災科学  実践英語
地球科学特論 エネルギー基盤工学 特許検索特論
機器分析特論 環境エネルギー科学 学外研修(インターンシップ)等
コンピュータ物理学  先端情報技術論論
シミュレーション技法 人間医工学特論
有機機能化学 等 資本市場の役割と証券投資 等

大学院(博士後期課程)教育課程

 専 攻  講 座
生産開発システム工学専攻
社会基盤工学
生産基礎工学
物質工学専攻
応用材料化学
応用分子化学
電子情報システム工学専攻
電子物性工学
知識情報工学
環境エネルギーシステム専攻
環境システム
再生エネルギーシステム
バイオマス変換システム
新機能エネルギー材料学

このページの先頭へ戻る