生命化学コース概要と特長

概要

生命化学コースでは、生命現象を分子レベルで理解し、「ものづくり」に応用するための教育と研究を展開しています。人々の生活や地球環境に優しい機能性分子の設計や合成、生体機能分子の物理化学的な解析や分析法の開発、難治性疾患に関する創薬研究、生体触媒を活用したグリーンケミストリーの達成、生体情報の伝達メカニズムの解明や医療への応用などを、テーマとして掲げています。生物が持っている洗練された生体機能を、工学的に活用するバイオテクノロジーの発展が、将来的に期待されています。


教育の特長

生命現象を「化学の言葉」で理解できるように、まず、有機化学、物理化学、生物化学などを基本的な授業科目とし、実験・実習を通してその知識の習熟を促しています。また、バイオサイエンスやバイオテクノロジーの新しい領域において研究開発に携わるために必要な、専門的知識や技術を習得できる専門科目と卒業研究を設けています。化学工業、医薬品の製造開発、食品産業、環境対策事業など、幅広い分野で活躍でき、既成の学問領域にとらわれない見識を備えた、創造力豊かな技術者と研究者の育成を目指しています。


研究の特長

生命化学コースでは、新しい有機化合物を合成して細胞機能を制御する研究、生体触媒を利用して有用物質を合成する研究、生体高分子を合成するシステムと有機化学の手法を組み合わせて新しい機能を持つ生体高分子を創製する研究、分子マシーンとしての生命現象を解析する研究、生物機能を化学反応に応用する研究などに取組んでいます。