トップページ > 社会基盤工学専攻


社会基盤工学専攻の概要

社会基盤工学専攻の教育目的

 構造・材料力学の体系的活用を基に,社会基盤施設構造物の設計,建設材料の開発を扱う「構造設計学」,施設を支える地盤機能の開発・保全を扱う「地圏マネジメント工学」,地球規模の環境問題を視野に入れて,構造物・水環境の創造と保全を扱う「環境保全学」及び公共社会基盤施設の環境も視野に入れた,効率的・機能的体系を計量的に評価する「都市デザイン」の教育と研究を行い,地域の社会基盤の基幹となる交通システム,ライフラインの整備と公共施設の防災・減災システムの確立のため,文明工学とも呼称される社会基盤工学の技術力や各種システムを最適に構成・運用できる広い視野と高度の専門的能力を持つ人材を養成します。