トップページ > 人間情報システム工学専攻


人間情報システム工学専攻の概要

専攻の特色

 本専攻では,学科での基礎的教育研究に先進性・専門性を加え,人間との共生を目指したロボティクス,人間工学を基礎とした人間-機械インターフェース・コンピュータ援用知能生産システム・情報ネットワーク・医療や福祉に貢献する知能メカトロニクス・環境に優しい省エネルギーシステム・高効率エネルギー制御等の研究と教育に取り組みます。このような人間と機械との協調と共生に関する教育研究を通して,オリジナルかつ柔軟な発想ができる創造性豊かな技術者を育成します。


人間支援システム工学講座
 人間の機能と活動を補助する支援システムを実現するために,メカトロニクス・人工知能・視覚力覚センサ情報処理・バーチャルリアリティ・ロボット制御システムなどの教育と研究を行っています。
・環境に適応して自分で行動を決定し実行する機械の実現(自動食器片付けロボット)


知能制御システム工学講座
 人間と共存しフレンドリーな知的ロボットシステムの実現を目指し,自律協調機能のあるロボット・ヒューマンマシン・インテリジェントロバスト制御などの教育と研究を行っています。
・側面設置型多指ハプティックインターフェイス


機械情報工学講座
 機械工学と情報工学に基づいた,仮想生産からロボットによる自動化を代表とする,モノづくりのための,知能メカトロシステム,インターネットを中心とする人間情報環境の教育と研究を行っています。
・多指ロボットハンドによる器用な把持と操りの研究


エネルギー制御工学講座
 環境エネルギー問題に対して新エネルギーシステム開発と高効率エネルギー利用の面から取り組み,太陽光発電システム,電気エネルギー変換制御,反応流体システム,宇宙推進システムの教育と研究を行っています。
・環境に優しい低環境負荷給湯器バーナおよび低燃費マルチプラズマロケットの開発