トップページ > 機械システム工学専攻


機械システム工学専攻の概要

専攻の特色

 近年,機械・機器類には,軽量化,微細化,高機能化などとともに,省エネルギーやリサイクルなどの環境保全対策が要求され,高度な技術的基盤の確立が不可欠になっています。そのためには専門的かつ学際的能力を有する人材の育成が最重要課題です。本専攻では,学部教育を基礎として,一層高度な知識の修得と研究を通じた問題解決能力を養うことによって,各種機械・機器類の設計と開発,構造・機能材料の研究開発,機械要素およびシステムの生産技術の研究開発などに貢献し得る研究者と技術者の育成を目指します。


設計力学講座
 ものづくり」の中で,壊れにくい安全な設計をすること,あるいは完成した機械の安全性や信頼性を確保することも非常に重要なテーマです。そのためには,材料の変形や破壊現象の根本を力学的に理解する必要があります。本講座では様々な材料を対象とし,機械の破損原因として問題となる疲労破壊現象,ボルトなど機械締結部の強度,衝撃現象による弾塑性変形などについて研究を行っています。
・走査型電子顕微鏡による金属材料破面の観察


流体システム工学講座
 本講座では水や空気といった流体の力学を扱います。水や空気は我々の生活に欠かせないものであると同時に,地球規模で生じる大気水圏の循環現象にとって主役を演じています。産業革命以降の社会では,生産機械,輸送機械,生活家電などにおける効率的なエネルギー利用や生活環境の改善が課題となっています。この目的のため,本講座では基本となる流れの解明や高効率機器の開発に取り組んでいます
・はく離流れ制御の風洞実験


創造システム工学講座
 ICのような小さなものからジェット機のような大きなものまで多種多様な形状を持つ工業製品によって私たちの日常生活は支えられています。これらの製品は適切な大きさと形状を持つことで,はじめてそれぞれ固有の機能を発揮します。本講座では,金型を使用して能率よく,低コストで様々な形状の製品を加工する技術や,工具・砥石を使用して精密で高い品質の製品を削りだす技術に関する研究を行っています。
・プラスチックケースの射出成形シミュレーション


熱エネルギー工学講座
 豊かな暮らしを支えるエネルギーの有効利用は,環境調和型の社会を実現するために避けて通れない課題です。内燃機関の高効率化・クリーン化,次世代のエンジン開発やエネルギー利用のための高度燃焼技術,不均相場伝熱・非平衡現象を利用したエネルギー変換・低品位エネルギー改質技術,大面積の太陽電池を作る技術など,多くの分野にまたがるエネルギー変換・利用法に関する研究を行っています。
・微小重力環境下で固体試料上を伝播する火炎