物質化学コース概要と特長

概要 
物質化学コースでは、物質の構造や性質の分析・解明から、合成方法や加工技術の開発に至る幅広い教育と研究を行っています。具体的には、理論計算による分子構造や化学反応の設計から、クリーンエネルギー技術として期待される太陽電池用材料、より環境に優しい機能性物質の開発など、様々な社会のニーズに対応し得る教育・研究活動を特色としています。
地球環境に配慮し、限りある資源を有効に活用しながらこれからの社会のニーズに応える技術を開発していくことは人類共通の重要な課題であり、物質化学コースはこの課題に化学の立場から取り組んでいます。 



 教育の特長 

物質化学コースでは、物質のもつ構造や性質、観察される現象や変化を化学の視点から理解できるように、はじめに化学の基本的知識を物理化学、無機化学、有機化学等で分類される講義科目を通して学び、つづいて実験・演習などの実習科目を通して学んだ知識の習熟を図ります。さらに、高分子化学、化学工学、材料化学等で分類される専門科目および卒業研究を通して専門知識と技術を修得します。これらの系統的な履修により、広い視点と見識をもち、かつ深い専門的知識と高度な実践能力を備え、様々な技術分野で活躍する技術者、研究者を育成します。 


 研究の特長 

物質化学コースでは、理論計算を用いた分子構造や化学反応の設計、高い機能性を有する色素、高分子、液晶、コロイド、セラミックス、微粒子、太陽電池材料等の合成と構造の制御に関する研究、持続可能な社会をめざした燃料電池用水素の製造技術や二酸化炭素の効率的な回収を可能とする技術の開発など、基礎から応用までの幅広い研究を展開しています。