トップページ > 電気電子・情報工学科 > 応用物理コース > 青木 正人(アオキ マサト)

青木 正人(アオキ マサト)

青木 正人(アオキ マサト)
AOKI Masato
職名 教授         
学科 電気電子・情報工学科
コース 応用物理コース

研究概要

量子力学に基づく計算物理の方法を用いて,近未来のエレクトロニクスやエネルギー技術のための新物質探索に関する研究を行っています.分子や固体の構造と性質はその物質中の電子の運動を支配する量子力学の法則の結果とみることができます.この量子力学という「第一原理」にしたがって電子状態や原子の動きのシミュレーションを行う「第一原理計算」や,原子間にはたらく力を表す数学モデルなどの方法を用いて,私たちは以下のような研究に取り組んでいます:
・ 次世代太陽電池材料Si-Ge系クラスレートのバンドギャップ,Na拡散,構造形成の第一原理計算
・ グラフェン系カーボン材料の構造と電子物性
・ 共有結合系物質に対する多原子ポテンシャルの開発

研究キーワード

物性物理   計算物理   第一原理計算   原子間ポテンシャル

詳細ページ