トップページ > 化学・生命工学科 > 生命化学コース > 安藤 香織(アンドウ カオリ)

安藤 香織(アンドウ カオリ)

安藤 香織
(アンドウ カオリ)
ANDO Kaori
職名 教授    
学科 化学・生命工学科    
コース 生命化学コース    

研究概要

新しいオレフィン合成法の開発と理論計算を用いる反応機構の解明研究を行っています。オレフィン合成法では、通常合成することが困難なシス-α,β-不飽和エステルというオレフィンを選択的に合成するための特殊な試薬の開発に成功しました。本試薬は現在、東京化成工業という試薬会社から販売されており、多くの研究者に利用されています。オレフィンの種類は多数あるため、それらの立体選択的な合成法について、いろいろな反応試薬の開発を行っています。最近、新しいメチレン化試薬の開発に成功しました。1979年にノーベル化学賞を受賞したG. Wittigの開発したWittig試薬が現在広く用いられていますが、今回開発した試薬はWittig試薬の欠点を補ったもので、今後広く用いられることを期待しており、試薬会社からの販売を計画中です。理論計算を用いる反応機構の解明研究も、これら新しい試薬の開発に貢献しています。コンピューターを使って、化学反応のシュミレーションを行い、反応の選択性がどのように決まるのかを解析し、どのような試薬なら望みの選択性が出せるのかなどの研究を行っています。    

 

図1 当研究室で開発した新しいメチレン化試薬(東京化成工業から販売)の試薬カタログ 図2 当研究室で開発したシス‐オレフィンを与えるホルナーエモンズ試薬の試薬カタログ 

研究紹介資料

研究キーワード

         

オレフィン合成

 

立体選択的

 

分子軌道計算

 

反応機構の解明

詳細ページ