トップページ > 化学・生命工学科 > 物質化学コース > 物質化学コース先輩からのメッセージ

物質化学コース先輩からのメッセージ

環境にやさしい触媒開発の研究

 機能性色素とは? これは光,熱,電気などのエネルギーにより消色,変色,発光などの性質を示す色素のことを言います。身近な例としてCD-RやDVD-R,低電力で鮮やかな色彩を放つ有機ELディスプレイにも使用されています。当研究室では主に機能性色素の合成,フッ素原子を含む環境にやさしい触媒の開発などを行っています。これからの材料開発・合成にとって環境への配慮は必要不可欠になっています。そんな時代のニーズに合わせた最先端の化学に携わることができます。化学に興味のある方は是非来てください。

(2009年度 大学院工学研究科機能材料工学専攻 2年生)

 

化学をもっと楽しもう

  高校までの勉強では、化学を暗記科目と捉えている人も多いかもしれません。応用化学科に入れば、もっと本質的なところから化学を学び、様々な現象を理論的 に解釈できるようになれます。1から3年次は、専門科目で化学者として基本的な知識を積み重ねていきます。4年次で研究室に配属され、そこでそれぞれに研 究テーマを持ちます。研究は化学の最前線です。教科書に載っていないことを形にするのは、これまでにない面白さがあると思います。応用化学科の学生は、さ らに専門性の高い知見を得て研究を進展させるため、大学院に進学する人も多くいます。斯く言う私も、研究の魅力にとり憑かれ、進学して研究を続けていま す。

   (2012年度 大学院工学研究科応用化学専攻 1年生)