トップページ > 電気電子・情報工学科 > 応用物理コース > 近藤 信太郎(コンドウ シンタロウ)

近藤 信太郎(コンドウ シンタロウ)

近藤 信太郎(コンドウ シンタロウ)
KONDO Shintaro
職名 准教授         
学科 電気電子・情報工学科  
コース 応用物理コース

研究概要

自分の専門は、非線形偏微分方程式の数学解析です。 核融合プラズマの乱流現象を記述するHasegawa-Wakatani方程式を対象に、数学解析の研究を行ってきましたが、 最近は、反応拡散方程式を用いて生物学上の問題を理解する研究に取り組んでいます。 用いる数学の手法は、主にエネルギー法、フーリエ級数理論です。 例えば、プラズマ物理であれば、基礎方程式を簡単化したモデル方程式が多く提案されており、モデル方程式の 優劣を判断しようとすると戸惑いを感じることが多いかと思います。 その様な時には、プラズマ物理の専門家がどのような観点を重要視してモデル方程式を提案したのかを調べる必要があります。 プラズマ物理の専門家が重要視する観点と、数学者が重要視する観点は一致しないですが、 両者が重要と思う問題を見つけ出して、それについて研究ができたら良いと考えています。

研究キーワード

偏微分方程式   プラズマ   反応拡散方程式

詳細ページ