トップページ > 電気電子・情報工学科 > 応用物理コース > 寺尾 貴道(テラオ タカミチ)

寺尾 貴道(テラオ タカミチ)

寺尾 貴道(テラオ タカミチ)
TERAO Takamichi
職名 教授         
学科 電気電子・情報工学科  
コース 応用物理コース

研究概要

1) メタマテリアル複合材料に関する研究

近年、メタマテリアルと呼ばれる材料が注目を集めている。これは、電磁波の屈折、伝搬特性が従来の材料とは大きく異なり、自然界には存在せず人工的に作成された材料の総称である。この問題に関連して、メタマテリアル複合材料に適した計算機シミュレーション手法の開発、およびその具体的な問題への適用に関する研究を行っている。

2) クーロングラス系の動的性質

電子間相互作用とランダムネスの両方が関与する電子系(クーロングラス系)における、非平衡緩和特性や電子の動的性質に関して、kinetic Monte Carlo シミュレーションにより明らかにしている。

3) 分子シミュレーションとその応用

高分子微粒子やシリカ微粒子などを集積化して、3次元的な周期構造を有する新たな機能性材料を創製する事は、材料科学における主要な課題の一つである。また上記の話題に関連して、微粒子表面に高分子を付加した系における秩序形成の問題にも興味がもたれている。この様なテーマに関する材料設計や物性予測を行う為に、超並列コンピュータを用いた分子シミュレーション研究を行っている。   

 

微粒子表面に高分子鎖を付加した系:秩序-無秩序転移を示す 並列スーパー・コンピュータに適したモンテカルロ・シミュレーション法の開発

研究キーワード

計算物理工学   メタマテリアル   ソフトマテリアル   並列計算

詳細ページ