トップページ > 電気電子・情報工学科 > 応用物理コース > 山室 考司(ヤマムロ コウジ)

山室 考司(ヤマムロ コウジ)

山室 考司(ヤマムロ コウジ)
YAMAMURO Kouji
職名 准教授 
学科 電気電子・情報工学科
コース 応用物理コース

研究概要

測度論的確率論を基礎にして確率過程,特に加法過程を研究しています.加法過程とは重なり合わない時間間隔における増分が独立で,時間発展を含むランダム現象を表している数学モデルです.それは豊かな数学的な対象であり,加法過程を拡張すると確率過程の重要なクラスが得られます.そのため、加法過程の研究は確率過程の研究の基礎となっています.加法過程の例としては,ブラウン運動,ポアソン過程,安定過程,自己分解可能可能過程などがあります.加法過程の任意の時刻の分布は無限分解可能分布です.それらはガウス分散行列,レヴィ測度そしてドリフトで特徴づけられるので,加法過程とそのレヴィ測度の関係に興味があります.最近ではそれらの関係を主に研究しています.

研究キーワード

測度論的確率論   加法過程   無限分解可能分布

詳細ページ