トップページ > 化学・生命工学科 > 生命化学コース > 生命化学コース先輩からのメッセージ

生命化学コース先輩からのメッセージ

深い知識を身に付け、幅広く社会に貢献する

岐阜大学工学部では、体育や文学・語学などの教養科目と並んで、学科ごとの専門科目を学びます。学年が上がるにつれて専門性が増し、より深い知識が身に付きます。そして、4年生になると研究室に配属され、1つの研究テーマを追求していきます。この卒業研究は、今まで身に付けた知識の集大成となるのです。応用化学科では、化学の力を利用して、医療や環境・情報・食品・エネルギーまで幅広く社会に貢献する未来の技術者・研究者を目指しています。 化学と聞くと、元素記号や化学反応式といった暗記科目をイメージする人もいるかもしれません。しかし、専門科目を通じて、原理や現象を理論的に捉えることができるので、とても勉強し甲斐があります。みなさんも岐阜大学の工学部で、より深い知識を身に付けていきましょう。

(2009年度 応用化学科 4年生)

 

出会いと経験は人生の宝物

私が在籍していた生命工学科では、2年生までは基礎科目や一般教養科目を中心に学びます。3年生からは有機化学、無機化学、物理化学、生化学、遺伝子工学などを中心に、生命工学に関する専門科目を学びます。また、各研究室の指導のもとで実験を行う学生実験があります。4年生からは研究室に所属し、それぞれ与えられた卒業研究のテーマに沿って実験を進めます。実験で失敗が続いて辛い時期もありましたが、教官、先輩、同期など、たくさんの方々に支えられ、最後までやり抜くことができました。研究室での経験があったからこそ、人間的にも成長でき、今の私があると思っています。たくさんの可能性を秘めている皆さんには、色々なことを学び、経験しながら、充実した大学生活を送ってほしいと思います。

(2011年度 生命工学科 4年生)