トップページ > 化学・生命工学科 > 生命化学コース > 芝原 文利(シバハラ フミトシ)

芝原 文利(シバハラ フミトシ)

芝原 文利
(シバハラ フミトシ)
SHIBAHARA Fumitoshi
職名 准教授    
学科 化学・生命工学科    
コース 生命化学コース    

研究概要

有機化合物は、医薬品、農薬、高分子化合物(プラスチック)、液晶、発光材料など、現代の生活に密接に関連しています。私たちは、これら化合物を簡単・安価に合成するための様々な手法を開発し、さらに得られる化合物の実際の利用法を探索していっています。      

たとえば、1)有機化合物の原料資源は主に石油です。石油から産出される有機化合物のかたちは決まっており、それらをさらに有用な化合物にするには、それらの構造を目的に応じて変化させなければなりません。その手法の一つとして、遷移金属触媒を用いる合成反応があります。私たちは特に遷移金属触媒を用いる、有機化合物上に最も多く存在する炭素と水素の結合を切断し、新しい結合を作り化合物を組み立てていく方法を開発しています。2)一方、最近有機化合物を用いる太陽電池などの電子材料に注目が集まっています。私たちは、1)の手法を積極的に使い、実際に電子材料に使えそうな化合物を合成し、その利用法を探索していっています。

 
   

研究紹介資料

研究キーワード

有機合成化学

 

有機金属化学

 

遷移金属触媒

 

有機機能材料

       

詳細ページ