トップページ > 化学・生命工学科 > 生命化学コース > 石黒 亮(イシグロ リョウ)

石黒 亮(イシグロ リョウ)

石黒 亮
(イシグロ リョウ)
 
ISHIGURO Ryo
職名 助教  
学科 化学・生命工学科    
コース 生命化学コース    

研究概要

生体分子の会合・かい離現象を研究する手法として、高静水圧を用いたネイティブゲル電気泳動法を開発しています。いくつかの疾患において、ある種のタンパク質が細胞内で互いに会合することが知られていますが、タンパク質分子間相互作用は比較的弱いため、定量的に評価することは困難です。ネイティブゲル電気泳動法は、タンパク質の大きさとゲル内での動きやすさが関係することを用いて、タンパク質の大きさの分布をバンドの濃さや位置として表す手法です。高静水圧や様々な温度下で電気泳動実験をおこなうことで、タンパク質の会合・かい離平衡を制御し、その挙動を熱力学理論を用いて定量的に評価できます。
この手法は非常に単純であり、タンパク質だけでなく核酸などにも適用できますが、解析を行うためには熱力学の基礎を理解していることが不可欠です。この研究を通して、学生の皆さんが熱力学を身に付けるよう初歩からお手伝いいたします。
    

独自に開発した高圧電気泳動装置
    
高圧ゲル電気泳動法をアミロイド形成現象へ適用した例        

研究キーワード

ネイティブゲル電気泳動

 

高静水圧

 

アミロイド

       

詳細ページ