トップページ > 入学・進学希望の方へ > 入学者受入方針(アドミッションポリシー)

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

◆学部/入学者受入方針(アドミッションポリシー)について

教育目的
工学部では、社会、自然、文化等に対する深い見識、優れた感性及び健全な心を養います。同時に専門特化型から幅広い総合型まで、多様な個性に合った能力を育みます。これにより、人間性豊かで創造力に富んだ技術者の育成を目指します。

求める学生像
<一般選抜>
本学部では、21世紀の社会を支える先端的な工業技術に対する深い関心があり、以下のような資質を持った学生を求めています。
1.先端的な工学の理解に必要な数学・理科に関する基礎的学力を充分に備えている人
2.理解力に富み、論理的な思考ができるだけではなく、柔軟性があり、新しい発想ができる人
3.相手の意見に耳を傾け、自分が伝えたいことを表現できる人
4.知的好奇心にあふれ、自主的な勉学意欲に富む人
5.国際社会で活躍するためのコミュニケーション能力を備えている人
多様な入試を実施し、個性の異なる学生を受け入れて積極的に活性化を図っています。

<学部3年次編入>
高等専門学校や短期大学の卒業者などで、より高い専門教育を受けようとする者の学習意欲に応えるとともに、多様な背景を持つ学生の個性に合った進路の選択の機会を与えるために、以下の資質を備えた学生を求めています。
1.これまでに学んだ専門科目をより深く極めようとする意欲
2.先端的工学分野を究めようとする意欲
3.専門教育を受けるに必要な基礎学力
4.自然現象、社会現象などへの知的好奇心
5.人間社会に貢献する意欲

入学者選抜の基本方針
<前期日程試験・後期日程試験>
大学入試センターが実施する試験では国語、地歴・公民、数学、理科、外国語の5教科を課し、受験する者がこれまでに身につけた基礎学力を評価します。個別学力検査では、工学を学ぶ上で不可欠な数学と理科(物理又は化学)並びに工学技術者として必須である英語を課し、大学入試センターが実施する試験と個別学力検査の合計点により合格者を決定します。配点は、入学者選抜に関する要項を参照ください。

<学校推薦型選抜Ⅱ>
普通科又は理数に関する学科又は工業に関する学科という各高等学校の教育課程編成の違いに応じた特別入試を行っています。いずれの入試も大学入試センターが実施する試験と面接により合否を判定します。大学入試センターが実施する試験により高等学校における基礎学力の評価を行うとともに、面接により受験者の工学に対する学修意欲・熱意・関心の程度などを重点的に評価します。配点は、学生募集要項を参照ください。

<3年次編入試験(一般入試)>
学力試験により基礎学力を、面接(口頭試問を含む。成績証明書は参考資料とする。)により意欲や知的好奇心を評価し、総合的に合否を判定します。配点は、学生募集要項を参照ください。

<3年次編入試験(推薦入試)>
面接(口頭試問を含む。推薦書及び志望理由書は参考資料とする。)により意欲や知的好奇心を、成績証明書(調査書を含む)により基礎学力を評価し、総合的に合否を判定します。配点は、学生募集要項を参照ください。

<私費外国人留学生選抜>
日本留学試験及び学科試験により、工学部で学ぶのに必要な数学・理科に関する基礎学力や論理的思考力などを評価します。また、日本留学試験及び面接により、日本語能力や表現力、勉学意欲、コミュニケーション力などを評価します。これらの評価を合わせて、合否を判定します。配点は、学生募集要項を参照してください。
 

◆大学院/入学者受入方針(アドミッションポリシー)について

▼工学研究科博士前期課程については、自然科学技術研究科修士課程に改組されたため、以下のURLより、自然科学技術研究科のアドミッションポリシーを参照ください。
http://gnst.gifu-u.ac.jp/admission/admission-policy.html

 

▼工学研究科アドミッション・ポリシー

教育理念・目標
工学研究科は、新たな科学技術におけるイノベーションを創成できる研究者、社会で即戦力として活躍できる技術者として、関連する幅広い工学専門領域の高度な専門性を有し、デザイン思考能力、マネジメント能力、コミュニケーション能力、交渉能力、グローバル展開能力に優れたリーダーの養成を目指します。

1) より深化した専門知識を極めようとする意欲。
2) 工学領域における諸現象の真理を究めるために必要な深い洞察力。
3) 現代社会が抱える様々な課題の解決にどのような技術が必要かを敏感に見出し、自ら研究しようとする意欲。
4) 地域や身近の課題に対して、リーダーシップを発揮して技術的に問題解決しようとする積極性。
5) 国際的な視野で自らの研究を位置付け、グローバルにアピールし展開しようとする強い意志。
6) 研究成果を、高い倫理観のもとに人類の快適な生活空間構築に役立てたいとする奉仕の精神。

入学者選抜の基本方針
<一般入試>
成績証明書及び修士論文概要(又は構想)により教育研究成果を、研究計画書及び面接(口述試験、プレゼンテーションを含む)により専門知識に対する意欲や深い洞察力、強い意志などを評価し、合否を判定します。

<社会人入試>
成績証明書及び研究業績調書により教育研究成果を、研究計画書及び面接(口述試験、プレゼンテーションを含む)により専門知識に対する意欲や深い洞察力、強い意志などを評価し、合否を判定します。

<外国人留学生(AGP)入試>
成績証明書及び修士論文概要(又は構想)により教育研究成果を、研究計画書及び面接(口述試験、プレゼンテーションを含む)により専門知識に対する意欲や深い洞察力、強い意志などを評価し、合否を判定します。