トップページ > 化学・生命工学科 > 化学・生命工学科の概要と特長

化学・生命工学科の概要と特長

概要 

化学は物質そのものを扱う学問であり,原子・分子レベルでその構造および性質を明らかにし,化学反応を利用して新しい物質をつくり出す技術を追求する研究領域であることから,新素材開発やバイオテクノロジーなど様々な基盤技術の発展には不可欠です。化学・生命工学科は,化学の視点で新産業基盤の構築や地球環境問題の解決など未来技術の創製と社会の発展につながる研究開発に取り組み,新素材や医薬品,機能性食品,環境・エネルギー技術など幅広い分野で活躍する技術者や研究者を育成します。

特長

化学・生命工学科では,基盤科学としての化学をまず幅広く学んだのち,物質化学コースまたは生命化学コースに分かれて,より専門的に化学を修得します。物質化学コースは,物質・材料の合成プロセス,物質がもつ構造や性質,およびそれら相互の関連性を理解するために必要な幅広い知識と技術を修得し,環境・エネルギー関連分野を含む物質・材料が使われる様々な技術分野で活躍する技術者や研究者を育成します。生命化学コースは,生体分子などの分子構造や機能を解明するために必要な幅広い知識と技術を修得し,生命化学分野の技術開発や産業で活躍する技術者や研究者を育成します。