トップページ > 電気電子・情報工学科 > 情報コース > 情報コース スタッフの紹介

情報コース スタッフの紹介

研究キーワード

 

電気電子・情報工学科 情報コース 教員・研究室

研究室のリンクをクリックすると、それぞれの研究室のホームページを別ウィンドウで開きます。


 

職名 氏名 居室 E-mail 研究室 研究分野
准教授 加藤 邦人 E504 kkato@ 加藤研究室 コンピュータビジョン、画像認識
准教授 金子 美博 E305   金子研究室 グラフ理論の応用とオペレーションズ・リサーチ
教授 鎌部 浩 E405 kamabe@ 鎌部・路研究室 記録符号、情報理論、多重接続通信、符号理論
助教 路 姍 E406 slu@
教授 河瀬 順洋 F301 kawase@ 河瀬・山口研究室 応用数値解析
准教授 山口 忠 F302 yamachu@
准教授 木島 竜吾 E501 kijima@ 木島研究室 ヒューマンインターフェース、バーチャルリアリティ
教授 草刈 圭一朗 E402 kusakari@ 草刈・今井研究室 プログラム検証、定理自動証明
助教 今井敬吾 C431 keigoi@
教授 斉藤 文彦 E401   斉藤研究室 画像工学
准教授 志賀 元紀 E511 shiga_m@ 志賀研究室 機械学習、データマイニング、バイオインフォマティクス
教授 田中 雅宏 F401   田中研究室 光情報処理
准教授 寺田 和憲 F304 terada@ 寺田研究室 自律知能システム
教授 速水 悟 E505 hayamizu@ 速水・田村研究室 音声・マルチモーダル情報処理
准教授 田村 哲嗣 E506 tamura@info.
准教授 原山 美知子 E307 harayama@ 原山研究室 ネットワーク
助教 深井 英和 F403 fukai@ 深井研究室 脳波・脳磁図解析、統計的逆問題
教授 藤田 廣志 医学部8S25 fujita@fjt.info. 藤田・原・周研究室 医用画像情報処理
准教授 原 武史 医学部8S23 hara@fjt.info.
助教 周 向栄 医学部8S21 zxr@fjt.info.
准教授 松本 忠博 E403   松本研究室 言語工学
教授 三嶋 美和子 F409-1   三嶋研究室 離散数学
准教授 毛利 公美     毛利研究室 暗号理論・ネットワークセキュリティ
教授 横田 康成 E508 ykt@ 横田研究室 システム解析・同定工学
  • お手数ですが、E-mailアドレスの最後には"gifu-u.ac.jp"を加えてください。
  • 室 政和 教授は、2017年3月に定年退職されました。
  • 伊藤 昭 教授は、2015年3月に定年退職されました。
  • 岸田 邦治 教授は、2014年3月に定年退職されました。
  • 新村 昌治 教授は、2013年4月に応用物理コースに移られました。
  • 田中 嘉津夫 教授は、2013年3月に定年退職されました。

他学部・学科・コースの関連教員・研究室

研究室のリンクをクリックすると、それぞれの研究室のホームページを別ウィンドウで開きます。


 

職名 氏名 居室 E-mail 研究室 研究分野
教授 新村 昌治 F409-3   新村研究室 コンピュータ物理学

 

電気電子・情報工学科 情報コース 研究紹介

 

情報の基礎である情報の表現構造、処理構造、論理ならびに応用目的にそった情報処理方法としてのアルゴリズム、コンピュータを援用した計算的手法による代数、幾何や数値解析を基盤とした計算機支援設計、統計幾何学や最適化手法を駆使した知能画像処理アルゴリズム、数理統計学、情報理論、符号理論に関する教育研究を行っています。
 
インターネットには光ファイバー通信など情報関連技術が利用されています。ディスプレイに表示された情報は、映像情報として眼球内の網膜で電気信号に変換されて中枢に送られ、文字や文章に変換され、皆さんはその意味を理解しています。会話などでも脳内で高度な情報処理が行われています。このような時空間に分布する様々な情報の獲得、通信、処理技術を確立するため、光情報処理、複雑系における統計的逆問題、生体信号処理に関する教育研究を行っています。
 
情報を有機的な「知識」として活用し柔軟に「考える」コンピュータシステムや、自律的に行動するロボットなどの研究・開発をテーマとしています。具体的には、自然言語処理(人が書いた文章)を理解し、他言語や手話、点字に翻訳させる技術や、環境の中で計画・行動・学習するロボット、コンピュータという知的な機械を手がかりとして、人の心のメカニズムや人と機械との「心を介した」コミュニケーションに関する教育研究などを行っています。
 
視覚によって得られる静止画像・動画像情報、聴覚によって得られる音声情報を通じて、人間生活環境などの認識や人間の意図理解を行う手法、それらに基づいた高度なヒューマンインターフェース手法、またバーチャルリアリティによる医療・産業への応用、音声・画像・音楽など時系列データ処理やそれらの統合処理(マルチモーダル)手法、さらにはアルゴリズム論・ネットワーク理論などの基礎と応用に関する教育研究を行っています。